金沢春菊を使ったレシピをご紹介

さて、前回ご紹介した肉厚で食べ応えのある金沢春菊をいかにして食しましょうか!
金沢春菊をおいしく味わうべく、その特徴を活かしたレシピをご紹介します。


今回は、ごはんが大好きで食いしん坊な@cao_lifeさんに、一緒に加賀野菜の魅力をご紹介すべく、ご協力をいただきました!

cao_lifeさんプロフィール

岡山県在住。「おいしいモノ」「たのしいヒト」に出会うことがとにかく大好き。
おいしいモノの情報収集には余念がなく、気になったらまずは試してみるのがモットー。一目会えば、誰もが彼女の魅力にハマり、またすぐ会いたくなる、そんなオーラをまとった人気のインスタグラマー。

 

@cao_lifeさんのInstagram

それでは早速、金沢春菊を使った@cao_lifeさん考案のおすすめレシピを2品ご紹介します!

【1品目】金沢春菊とキムチのチーズ豚巻き

材料(2人分)

・豚ロース薄切り肉……4枚
・金沢春菊……2株
・スライスチーズ(とろけないもの)……2枚
・白菜キムチ……80g
・ごま油……適量
・黒胡椒……適量

作り方

1. 春菊は3等分の長さに切る。スライスチーズは半分に切る。

2. 豚ロース肉を広げ、手前にスライスチーズ1/2枚、キムチ20g、春菊1/4量をのせ、手前から奥にくるくると巻く。

3. フライパンにごま油を熱し、2の巻き終わりを下にして並べ、コロコロを回しながらお肉に火を通す。



4. お皿に盛り、黒胡椒をふったらできあがり。

@cao_lifeさんのおすすめポイント

一般的な春菊よりも葉がやわらかく、香りも強すぎない金沢春菊を、キムチやチーズと合わせて豚巻きに。生でもおいしい春菊なので、加熱は豚肉が焼けたらOK! たっぷりと巻いた金沢春菊の食感が楽しい一品に仕上げました。焼いているときにチーズが溶けだしてきても大丈夫。そのまま豚肉にチーズを絡ませるように焼くとおいしいです。

 

【2品目】金沢春菊たっぷりキーマカレー

材料(4~5人分)

・金沢春菊……5株
・牛豚合い挽き肉……250g
・玉ねぎ……1個
・ニンニク……2かけ
・生姜……2かけ
・サラダ油……大さじ2
・カットトマト缶……1缶
・ローリエ……1枚
・塩……小さじ1
・固形カレールー……1/2箱分
・トマトケチャップ……大さじ2
・黒胡椒……適量
・ガラムマサラ……大さじ2
・粉唐辛子(辛さUP)……お好みで
・ごはん……好きなだけ
・レンコン……5~6cm
・レモン……1個

 

作り方

1. 玉ねぎ、ニンニク、生姜を細かいみじん切りにする(フードプロセッサーにかけても良い)。



2. 鍋にサラダ油を熱し、1を炒める。玉ねぎが透明になったら挽き肉を入れ、全体を混ぜながら炒める。



3. 挽き肉の色が変わったら、トマト缶、ローリエ、塩を入れ、15分ほど煮込む。



4.3に固形カレールー、トマトケチャップを入れ、ルーを溶かしながら煮込む。



5.4の間に春菊をざく切りにし、フードプロセッサーにかけてペースト状にしておく。



6. レンコンを皮ごと薄くスライスし、油(量外)で揚げてレンコンチップにしておく。



7.45を入れ、2~3分煮込んだら火を止める。黒胡椒、ガラムマサラ、辛いのが好きな場合は粉唐辛子を加えて混ぜる。

8. お皿にごはんを盛り、カレーをかけてレンコンチップを散らし、レモンを添えたらできあがり!

▲ルーの中に混ざっている緑色のものが、春菊のペーストです!

 

@cao_lifeさんのおすすめポイント

クセの少ない金沢春菊をペーストにし、どっさりと加えたカレーです。クセが少ないので、たくさん混ぜても味や香りの面で主張することもなく、春菊に多く含まれるβカロテンをしっかりと摂ることができる一品になりました。ルーをよ~く見ると緑色が混ざっていますが、見た目も味も春菊ということがほとんどわからないので、野菜の苦手なお子さまにも食べてもらえそうです。春菊に多く含まれるβカロテンは加熱に強いので、もっと長く煮込んでも大丈夫。辛さを足すには粉唐辛子をお好みで。ぜひ、カレーの上からレモンをぎゅっと搾って食べてみてください。さっぱり感が増し、カレーの旨味もしっかり味わえると思います(ただ今絶賛マイブーム中……笑!)

 

実際に食べてみました!

どんな味がするんだろう……?
ワクワクしながら、私も金沢春菊を食べてみました!

普段、あまり春菊を生で食べることはないのですが、金沢春菊は生で食べると普通の春菊との違いがより感じられるそうなので、まずは生の金沢春菊を試食。



クセがない! みずみずしくておいしい!

素材そのものの旨味がしっかりと感じられるので、そのまま食べてもほんのり味付けしてあるようなおいしさ。ドレッシングをかけなくても、ベーコンやツナと和えるだけでおいしい春菊サラダを味わうことができます。初めて金沢春菊を食べる方は、ぜひまずは生のサラダでそのおいしさを味わってみてください!

 

 

続いて、オリーブオイル&にんにくとともにソテーしてみました。
山盛りいっぱいあった春菊が、あっという間に1/3くらいのかさに。一人で一束、ペロリと食べることができちゃいます。

ソテーすると、生よりもさらに甘みを感じることができ、一般的な春菊よりもクセのないマイルドな味わいを実感! でも、しっかりと春菊の香りは感じられ、根元に近い茎の部分まで全部おいしく食べることができました。

クセが少ない分、他の食材との相性もよさそう! 普段はあまり春菊を使わない料理にも、幅広くアレンジして使うことができそうです。

 

加賀野菜の通販ならサカイダフルーツ

 

次回、Vol.2は『加賀れんこん』をご紹介!

金沢春菊に思い切り魅了されました。これからの季節、鍋の具材にしても美味しいだろうなあ……と、おいしさの想像は膨らむばかり!

みなさんもこの伝統野菜のおいしさを味わってみていただきたいと思います。

【関連記事】

Vol.1『金沢春菊』〜加賀野菜の魅力に迫る〜